電子マネーはいいけど危険?

最近多くの人が使うようになっている電子マネー。非常に便利なのですが危険はないのでしょうか。答えからいいますと危険はあります。何事においてもそうですが、便利なものほど危険さは含んでいるということになります。

何が危険なのかといいますと、電子ということは、データとして保存されているということです。ということは、データは他人が見たり、取ったり、修正ができるということを意味します。現金ではなく電子マネーなのですから、当然なのですが、このことが悪用され安くなる原因となっていきます。

成功したい起業家のためのセミナーはGOSPA
http://www.gospa.jp/category/1906497.html
時間と経済の自由を実現する方法とは?

電子マネーのメリットはなんといっても、その利便性です。財布から現金を出してお釣りをうけとるといったような一連の作業を一切なくせるというのは、非常に大きな魅力といってもいいでしょう。この魅力がおおきいので、多くの人が電子マネーを利用するようになってきています。

ですが、このようなことができるのは、電子データが簡単に読み取れるからです。読み取ったデータは修二に計算されていきます。買物などで使用した場合には、使ったお金分が計算されて残りのお金のデータが上書きされるような仕組みになっています。ということは、簡単にデータの修正、閲覧、上書きが行われているということです。

今、このシステムが成り立っているのは、信用のある人たちが使っているので大丈夫だろうという信用のもとになり立っています。これを悪意をもっている人が使うと、お金が盗めたり、個人情報を盗めたりするようになります。これは、どんな強固な防衛手段をもってしても完全に防御することは出来ません。

在籍確認の電話がなくて安心のカードローン情報はこちら
http://xn--lck0c6eya6bc3159dmeycjzglq2b.jp
写メだけでOKの業者もあるんです

なぜなら、電子マネーのデータを修正したり、閲覧したりする行為に悪意があるかどうかを電子マネーじたいが判断することはできないからです。電子マネーは単にデータそのものであり、正常な操作で呼び出されれば必ず読めるようになっているというだけにすぎません。ですから、電子マネーを利用するときには、このような危険性があることを十分に把握して、多くのお金をそこにいれてしまうといったようなことはできるだけ避けるとかすることが大切です。

このようなリスクを出来るだけ低くしていきたい場合には、個人情報の入らないクレジット機能のないタイプのものを使うといったようなことを考えてもいいでしょう。そうすると利便性は悪くなりますが、危険性は低くなってきます。何事においてもいえることですが、リスクと利便性というのは相反するものなのです。